2018年2月22日木曜日

◆平昌冬季オリンピック・フギャア羽生結弦選手金メダル★小平奈緒選手「チャレッソ」と2人の友情

◎上記は福島民友社から、平昌冬季オリンピック五輪女子団体パシュート金メダルの高木美帆・高木菜那・佐藤綾乃・菊池彩花です。
(うれしくて、うれしくて、おめでとう。)

◎平成5年須賀川女子(桐陽)が韓国遠征試合です。
※テレビでオリンピック観戦をしていて、昔の韓国と大分違ってきているのかように思いまして、韓国遠征を思い出しました。



■【センター長の独り言】平昌冬季オリンピック・羽生結弦のテーマ「せいめい」


★羽生結弦選手金メダル「テーマせいめい」で臨んだ。
羽生選手は大けが-をして:オリンピックの出場を危ぶまれた、痛み止めを飲み、オリンピックチャンピオンのプライドを世界の人に感動を与えた。

★今年は戌年の由来に草木が枯れて休眠する年。
次の月(亥)に命の種と力を委ねるという、新しい命を育む。
テーマ「せいめい」の演技に涙がとまりせんでした。



■【センター長の独り言】フィギア小平奈緒選手金メダル「チャレッソ」2人の友情



★スピードスケート五輪女子500m韓国で女帝と呼ばれている、世界記録保持者の李相花選手と対決で、小平奈緒のタイム36秒94五輪新記録だった。
李相花選手は37秒33位で2位。

※泣きじゃくる李選手の姿を見つけたときだった。
小平奈緒は李選手のそばによって近づいた。

※「チャレッソ(よくやった。」私はまだ「リスペクトしているよ。」
李選手も小平奈緒に「ナオこそチャレッソ」よと返した。

※小平奈緒は「よかった時も悪かった時も、認めてくれたことを感謝したい。」


※「金メダルをもらうのは名誉なことですが、どういう人生を生きていくかが大事」になると思う。



■【センター長の独り言】須賀川女子(須賀川桐陽)バスケ韓国遠征、現在と昔



★福島国体強化指定校(平成5年)で韓国遠征を福島県初の海外試合を行いました。

※仙台空港を出発して、ソウル(現在は仁川国際空港)につくと警備がすごく、空港内はキムチの香りがただよっていました。
(私は韓国料理が好きなので、いい香りでした。)

※生徒も韓国の文化、食生活、教育も違い過ぎ、戸惑いながらの遠征試合でした。

※第1日目は成徳高校(韓国)は一般生徒は授業中で、バスケット部はゲームをしてくれました。

※成徳チームは実業団と数千万円で契約している選手が数名いまして、韓国の強豪校です。

※体育館内まで土足で床ざらざら、リングは斜め傾き、コーチは40Cm位の棍棒を後ろ手に持ち、ギラギラとして練習をしていました。
※(私も生徒からみれば、こんな風な姿だったのですね。)

※ゲームが始まると抜かれそうになるとユニフォームをつかまれ、足を駆けられそうになる。
ゲーム終了まで、Def・Offでプレシャーをやめてくれません。
※(山本リンダの歌にありましたね。)

※須賀川女子(桐陽)の選手はビビリまくり、大差で敗退してしまいました。

※成徳の選手は抜かれたり、やられたら、実業団との契約は破棄される。
コーチは即クビになるそうです。

※次の日、成徳高校は名古屋短付属(桜花学園)とゲームをやり、服部選手(プロゴルファー)に40点を取られて、成徳高校は大敗しました。
(私の気持ちはなぜか、スッキリしました。日本が勝つと元気や勇気をもらいました。オリンピックも同じですね。)

※次の日、樟蔭東高校(大阪)とのゲームには成徳のコーチの姿がなかったそうです。

※5日間で4校4ゲームして、体力の消耗や精神的に限界を越えて、仙台空港に到着し、福島に帰国しました。

※韓国(ゲーム)には二度といきたくなかったように思いました。
※しかし、のちに平成7年の浜松インターハイ、福島国体総合優勝に貢献し成果を出しました。
(この頃は日本は韓国に勝てませんでした。)

2018年2月18日日曜日

◆No31・2月18日(日)バスケット教室★成年男子強化練習会・競技力の向上

◎上記は2月18日(日)、トレセン活動を女子は日大東北体育館で男子は日大工学部体育館で参加者20名で行いました。
指導者は田澤先生・斎藤先生・鳥居センター長で行いました。
※男子は日高アップ後、高校生とゲームをやってもらいました。
高校生はDefが強くなって、攻めが早くなってきているので、対応がきつくなってきているが、トレセン生は技術やバスケの考え方がしっかりしてきましたので、なかなかやるようになってきました。

※女子は田澤先生の指導で、3対3とバスケの大切な技術をしっかり、ご指導を受けていた。
※ゲームは楽しく高校生に向かってやっていた。

★2月25日(日)、あさか開成体育館9:00~12:00で閉講式で終了いたします。
※仲間とご一緒に、多数ご参加下さい。

★成年男子強化練習会が日大東北体育館で行こなわれたした。
今後活躍を期待される選手を選抜し、競技力の向上を高めた。
※スタッフは大内慎也先生・佐藤紘則先生・清和副センター長でご指導をしていました。
午後は日大東北とゲームをして高校生にいい刺激を与えてくれていました。

2018年2月12日月曜日

◆中村和雄氏のインターハイに向けてのクリニック第一弾

◎上記は2月10日~12日、主催日大東北高校保護者会、中村和雄氏のインターハイに向けてのクリニック開催を見学に行ってました。
日高、赤井中の保護者の皆様も、一生懸命声援をして、朝早くから送迎してくれていました。有難いですね。感謝を忘れずに。


●中村和雄氏の経歴


★オールジャパン優勝、元日本代表監督、共同石油、OSGから三河浜松、秋田ハピネス、新潟アルビックス
※現在は秋田を起点に東京オリンピックを見据えて、中学校・高校を全国を指導している。

※また、地元バスケット発展のため、秋田ケーブルテレビでも活躍している。

※日本工学院は日本のバスケットに貢献をたたえて、「カズカップ」を開催した。
インターハイの前哨戦として、高校日本一監督を多数輩出している。



■【センター長の独り言】日本一熱い男魂「カズさん」


★今回も中村和雄氏の模範技術を交えて、緻密に徹底指導、ダメなものはダメで妥協は一切なし。

※チームの姿勢がインハイ出場とはっきりと意識が変わっていくのがわかる。
「日本一熱い男が語る魂」その通りでした。

※また、元気をもらい早くトレセン生に指導したい意欲が湧いてきました。



■【センター長の独り言】中村カズさんの名言?


★僕は弱いチームを強くするのが好きなんだ。


★自分の中に信念を持っていれば、周りの雑音にならない。


★人の喜びを自然体で、自分のことのように喜ぶ選手が好きだ。


★愛とは、怒る、褒めるということが僕の中では一つの器に入っている。

※怒っているときは、最大の愛情を込めているときがたくさんある。


★俺にとって、選手は神様みたいなもんなんだ。


★あなたを見ている人は絶対いる。
世の中そんなにアホな社会ではない。


★観ている人が、おもしろいと思うような練習でなきゃダメなんだ。


★負けたことはなんてことないだ。
俺が勉強不足だったということだから。


★「褒める」ということを富樫勇樹に教わった。
彼は僕の指導方法を変えた。


★何回も指導しても、わからないということは相手が理解できない指導をしているのではないか。


★僕のバスケットを好きだと言ってくれている人を弟子と思わない。
みんな友達だと思っている。


★「ありがとう」の数が多くなれば多いほどいい生活。

2018年2月10日土曜日

◆No30・2月10日(土)バスケット教室★受験生応援メッセージ家族に感謝!

◎上記は2月10日(土)、トレセン活動を守山小学校体育館で13:00~16:00参加者11名で指導者鳥居センター長で行いました。
※トレセンOBの保護者、椎野さんが体育館の準備や指導のお手伝いをしていただきました。
ありがとうございます。今後もよろしくお願いします。
※練習内容はシュート中心に縄跳びシュート4種類や3Pリバース、ステップバックでぶれないこと。
※スピンと肩甲骨で放ると肩のちからがぬける。
アウトナンバー2対1からのエルボからのステップイン、サイドステップ、バックステップからロッカーからフロターシュート
※ゲームは実戦的に高校で即戦力にることを考えながら、ゲームをやっていたように思えた。
高校で活躍できるのではないか。



◎名言をあなたに(受験生応援メッセージ。)



★君がどんなに遠い夢を見ても、君自身が可能性を信じる限り、それは手の届くところにある。
(ヘルマン・ヘッセ)

※どんなに高い目標でも、目指すことをやめなければ、それは現実にすることができると信じることが大事です。


★"毎日をその日の収穫高で判断せずに、まいた種で判断しなさい。
(ロバード・スティーブンソン)

※勉強を何時間やったかで、決して満足してはいけません。
何をやったかのかが重要なのです。「量」ではなく「質」で、その日判断をしましょう。


★ステップ・バイ・ステップ
※どんなことでも、何かを達成する場合に取るべき方法はただひとつ。
一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。
これ以外に方法はない。
(マイケル・ジョーダン)

※楽して偏差値を上げることなんてできません。
コツコツと努力すること、伸びない時期は苦しいと思いますが、いつかその努力が実る日がくるので、辛抱しながらコツコツ、一歩ずつ。



■【センター長の独り言】"頑張れ受験生"あさひのひとときから


★※長男が受験生だった4年前のことが思い出された。
クリスマスも正月もない年末年始、夫は2人の娘と実家に帰省した。

※私は、受験勉強の大詰めを迎える息子のために、家に残った。おせち料理はもちろん、すき焼きやカニ鍋をせっせと準備した。
息子は毎日「おいしい」と完食し、満足げだった。

※ごちそうにもいよいよ飽きたごろ、冷蔵庫に寝ていたパイ生地が目にとまった。
アップルパイを2枚作り、いつもなら家族全員で切り分けるところを、息子と1枚ずつ、ほおばった。
今思い返しても至福の時だ。

※元もと口数が少なく、部活と勉強でほとんど家にいなかったせいか、見守るしかない親として心配はつきなかった。
だが、そんな気持ちをパイがふんわりと包んでくれた気がした。

※後悔しないように頑張れと、大きなエールを送りたい。

★※私の場合はバスケ、バスケで、気が付いてみたら、子どもは中学3年生になっていました。
※家内に「たのむ」の一言、今思うと無責任でしたね。
家族に感謝、感謝です。

2018年2月6日火曜日

◆東北高校男女新人選手権・(山形市)★優勝福島南(2回目)・準優勝郡山商●2月10日(土)トレセン・守山小学校

◎《試合結果》東北高校新人大会


●決勝(男子)優勝福島南・2回目


※福島南 78対72 能代工


●決勝(女子)準優勝郡山商


※郡山商 58対80 聖和学園



【センター長の独り言】指導者が素晴らしい選手を生み出す。


★※東北高校新人(山形)は、男子福島南が優勝(2回目)が優勝しました。
それも、ウィンター優勝校の明成を破って出て来た古豪校能代工(秋田)を接戦の末、優勝しました。

※女子は郡山商が準優勝しました。
対戦聖和学園(宮城)に惜敗しましたが、インターハイに繫がる活躍で期待されます。


★両監督を現在まで拝見して、指導理念が「ぶれない」、負けたときにはスゴク悔しがり、選手に責任転嫁することなく、修正して挑戦してきます。

★「素晴らしい選手が集まるチームは、選手の能力だけでなく、素晴らしい指導者が素晴らしい選手を生み出している。」


【センター長の独り言】福島県は男女共に、強いですね。


★私の東北大会は準備をして、準備を重ねて死にものぐるいで、立ち向かていきましたが、秋田・宮城勢に勝つことが出来ませんでした。
※福島は男女共に「強くなり、負けることがなくなりました。」あの頃にご指導を受けていたら、もしかして、優勝していたかも、しれませんね。(遅いですね。)

★若い指導者は指導理念を学んで見てはいかがですか。(身近にいるときに)


●2月10日(土)のトレセン活動は郡山市立守山小学校です。

★住所 郡山市田村町守山字三ノ丸1


★時間 13:00~16:00
(国道49線沿い・田村町方面へ)

2018年2月4日日曜日

◆NO29・2月4日(日)バスケット教室★2月25日(日)・トレセン活動閉講式

◎上記は2月4日(日)、トレセン活動をあさか開成体育館9:00~12:00で参加者21名で指導者は岩田先生・鳥居センター長で行いました。

※練習内容は男子はアップ後、ゲームを3班に分け連チャンでリーグ戦楽しく、気合の入った試合でした。
※女子はあさか開成のアップですぐにゲームを開始しました。
楽しく体力的に少しきつい試合でしたか。



★29年度のトレセン活動を2月25日(日)閉講式で終了いたします。
※ご都合の上、残りのバスケット教室を仲間とご参加して下さい。

★30年度のトレセン活動開始は6月24日(日)体験会、7月1日(日)開講式から2月までの予定です。
★後輩にご参加をお勧め下さい。(詳細は後日ブログに掲載します。)

2018年1月29日月曜日

◆県南男女総合バスケット選手権大会★全国クラブ大会前哨戦・郡商Braves●トレセンOG生の活躍で上位進出

◎上記は1月28日(日)、県南男女総合バスケット選手権大会を日大東北体育館・安積黎明体育館で行われました。
決勝トーナメントは2月4日(日)尚志学園体育館で行います。



★郡商Bravesは3月11日~12日、全国クラブ大会に出場します。
その前哨戦として、いい内容のゲームでした。
全国大会頑張って下さい。応援よろしくお願いします。


★安積黎明のコーチ薄おじいちゃんと久しぶりに対戦、対面して懐かしく、福島国体チームのサポートをしていただいたことを思い出しました。
(安積黎明、シューター軍団でいいチームですね。)


★トレセンOG生の活躍で上位進出をしていました。
たくましくなった姿を見て、うれしかったですよ。
県インハイ優勝目指して、頑張れ。応援しています。


★教員NEXTチームが下向きに相手と戦っている姿、高校生の模範ですね。
高校生にいい影響を与えてくれてます。さすがですね。

2018年1月27日土曜日

◆No28・1月27日(土)バスケット教室(県南男女バスケット選手権大会観戦)★受験生応援ソング・「勇気ある仲間」●名将・佐藤久夫監督(明成高校)指導

◎上記は1月27日(土)、バスケットトレセン活動を事務局の不手際はで県南男女バスケット選手権の観戦に変更いたしました。
大変申し訳ありませんでした。多数参加していただいてたにもかかわらず、ご勘弁下さい。(鳥居センター長)
※受験も近くなりました。中学3年生最大の試練の場、家族や仲間の支えに感謝を込め、乗り越えて成長して下さい。(応援ソングを思い出して下さい。)



●「受験生応援ソング」
勇気ある仲間(Bravesfiends)


1・涙ぐんだあの日 君を引き留められず、悩んだ。
自分のことばで うまく言えないで、
君の心をよめなかった。
今ならば素直に謝れそう。
勇気をもって言える。
仲間がそばにいてくれるから。
今からいしょにバスケに行こう。


2・何度もこの道を仲間「きみ」と歩き、
肩をぶつけてケンカをして帰った。
コートの中で手をつなぎ 心かよう。
涙をながし、手の温もりを感じて、
明るく振る舞い強くなれそう。
君の元気に勇気を取り戻させる。
今からいしょにバスケに行こう。



■【センター長の独り言】ウィンターカップ優勝校明成高校の佐藤久夫氏指導に



●昔、郡商時、どうやれば、一歩前に進み勝つことが出来るか困惑して悩んでいました。ご指導してくれる人を考えてました。

※安高がインターハイが決まり、遠征試合に仙台高に行ったとき佐藤久夫氏のバスケが印象に残っていました。

※その後、日本一や全国強豪校になりました。佐藤氏の指導が注目をあびるようになりました。

※その後、仙台高から日本バスケ協会に日本バスケ改訂版書を作成者です。
※佐藤久夫氏しかいないと思いすぐに、ご連絡をしたら、気持ちよく引き受けてくださいました。

※ご指導を受けると衝撃の連続で、日本にこんなスゴイ指導者がいるのだと驚き、数回のクリニックも再驚きの連続で衝撃的でした。

※現在もトレセン活動やクリニックに佐藤久夫氏のご指導をマネてやってるつもりでいます。
※このほかにも、中村和雄氏や福岡一の井手口監督の指導方法や理念をマネしてやってます。



■【センター長の独り言】指導歴47年の名将、明成高校の佐藤久夫監督(月刊バスケより)



●「東北のチームは、冬の寒さを我慢して"満開の花を咲かせるんだ。"」

※よく口にする言葉だ。
それを体現するように、明成はこれまで夏よりも冬に強さを発揮してきた。

※夏に結果を残せずとも、厳しい練習や困難を乗り越えて、心身ともに成長し、集大成となる冬の舞台で"満開の花"を咲かせてきたのである。

※福岡一の井手口監督も「明成がどれだけ厳しい練習をしているのか知っていたので、笑顔で"おめでとう"と言えました。」

※選手たちを笑顔で、ねぎらったほど。敵将の心をもつかんだ。

2018年1月22日月曜日

◆NO27・1月21日(日)バスケット教室★いいコーチは観点が違う。勝負どこ

◎上記は1月21日(日)、日大東北体育館で9:00~12:00トレセン活動です。参加者は15名で指導者は斎藤先生・鳥居センター長・清和副センター長で指導を行いました。

※練習内容は男子は日大東北のメニューでファンダメンダル・1対1・2対1・オールコートドリル・ゲームをしました。
ゲームは高校生のDefが強く、戸惑ていました。突破力を付けて下さい。

※女子はシュートを主体に徹底して指導しました。
シュートを理解してくると相乗効果でトライブがうまくなる。
いろんなプレイの読みや判断力が良くなる。



●羽生善治竜王「言葉は人をつくる。だからこそ、口に出す言葉はよく考えて大切に」



■※羽生善治竜王、二人の娘に「家では一言もマイナスなことを言わない父です」
娘さんからのお手紙(大学生・長女)

★家では仕事の話はせず一言も
マイナスな言葉を言わない父です。
「言葉は人をつくる」だからこそ
口に出す言葉はよく考えて大切に。の
信条を体現する父。
一つの仕事を頑張り続けている父をとても尊敬しています。


★次女は
家ではほんわか優しくて、
怒られた事はありません。
バラエティ番組を見て一緒に笑い、
悲しい時も一緒に悲しんで泣いてくれる。
いつも私たち子どもの気持ちに寄り添い、
共に分かち合て並走してくれる。
そんな父が大好きです。
「こんな風に寄り添い、分かち合う、親イコール人」でありたいな。



■【センター長の独り言】いいコーチは観点が違う。



★ウィンターカップ優勝校明成高校の佐藤久夫氏は前カズカップに、中村和雄氏にご指導を受けると、目の付けどころ、観点が違う。
※チームが見違えるようにスムーズになる。


★※善戦から勝負どこの発想転換は


※ゲームでシューターが入らなかったので、頭丸刈りにしてチームメートに反省の意を示した。
もっと別にやることないのか。「今日から500本、1000本放るよ。」
勘違いしてないのか。


※センターがミスで負けてしまった。朝練であれほど、ビックマンドリルやってできるようになったのに、

※その前のトラベリング4本でビックマンドリルまでいってないよ。
体幹トレーニングでジャンプストップではないか。


※外国人に対して、高さがあるからゴール下シュートはしょうないね。その後、すぐにボールが床に落とさないで、アウトレットパスして外国人が戻る前に攻める。
いろいろ発想転換が必要ですね。

※勝負どこに強いチームは指導者の発想の転換からですかね。

2018年1月16日火曜日

◆第57回県高校新人大会・決勝リーグ★優勝校福島南(男子)・郡山商(女子)

◎上記は1月15日(月)、県高校新人大会決勝リーグが行われました。
男子は福島南3年連続3度目、女子は郡山商2連続9度目の優勝を飾った。
※東北大会は2月3日(土)~4日(日)山形県天童市で開催されます。


●【試合結果】

《男子》

優勝・福島南・第2位福島東陵・第3位郡山高・日大東北


《女子》

優勝・郡山商・第2位福島西・第3位帝京安積・安積黎明



●名言をあなたに(田臥勇太・日本初のNBA選手)
※ブログに小中学校時代の動画あります。

★何回も小さいから無理だと言われ、

何回も大男が落ちてきて怪我をし、

何日も眠れない夜を過ごし、

何回も人の言う事に耳をふさぎ、

何回も逃げ出そうと思った。

けれど、

何万回もパスをし、

何万キロもドリブルして、

何万回も相手をフェイクし、

何万回も速攻をだし、

何万本もシュートを打って、

何十足もバッシュを履きつぶし、

僕はアメリカのコートに立った。

でも、僕の旅は終わりじゃない。

これは始まり。



■【センター長の独り言】とりいちゃんの勝手な県インハイまでの課題


1・ゾーンに対して、ゾーンアタック毎日15分以上徹底、理解するまでやる。

2・マンツーで対応できない時のゾーンDefをやっておく。(シューターをマークしたもの)※プレスダウンもしっかり対応できるように、チャンスだと思う。

3・ピックに対してのDef.Offをしかりした指導を徹底する。

4・速攻からの隙間を強引にペネトレートしてくるOffをチームDefをしかり徹底する。

5・個々のシュート力がアップしてますので、そこまでのフルコートプレシャーDefを強化、工夫をする。

6・シュートを入れられた後のボール出しが遅い態勢が整う前に攻撃をする。

7・外国人選手の高さに対しての対応をチームで徹底する。外国人のからみ、使い方を機能するように、チーム(Def.Off)で工夫する。

8・シュート力を上げる。1000本を目あすに、体幹トレーニングを専門家にお願いして下さい。

※県インハイを楽しみにしています。田臥勇太の言葉を忘れず、練習は嘘をつきません。