2017年9月18日月曜日

◆9月17日・女子バスケトレセン教室★基礎技術の徹底●子の心親知らず

◎上記は9月17日(日)、女子バスケトレセン教室を須賀川桐陽高校体育館で指導者は、岡田先生(桐陽高校)のご指導を受けました。


●《練習内容》女子指導者岡田先生


1・岡田先生のきめの細かい、丁寧なファンダメンダル指導大変勉強になりました。
※ミニ、中学生にも岡田先生のご指導を受けて見るといいですね。
2・オールコート左右手のドリブル正しいやり方で、スピードからショートまで徹底指導していた。
3・五人リバウンドから3対2へのアウトナンバーの仕方。
4・ゲームは、高校生と混合で指示を受けながら、プレイをしていた。
※ゲームの仕方がわかってきてシュートまでいくようになってきた。
継続して指導を受けていくと、まだまだ、「のびしろ」があります。


■【センター長の独り言】空飛ぶ畳から「親(子)の心子(親)知らず」


★親にとって子供はいつまで経っても大人になっても子供であり、ついつい心配してしまう。
(きっと親なんてそんなもんなのかもしれません。)
★逆に「私だって色々考えているのにいつまでも子供扱いされる。」「親孝行を思い、親のために良かれと思ってやたのに感謝されなかった。」
★しかし、そこを一歩進んで「逆の立場で考える。相手の立場になって思いやる。」という思考もとっても大切です。
★それも、やはり一番おろそかになりやすい、つい甘えてしまうのが家族であり、それでいて一番大切にしないといけないのも、家族間の思いやりではないかと思うのです。
★一歩、自分を離れみると案外、楽になるかもしれないですね。

◆No14・男子バスケットトレセン教室★三人速攻の原則●親の心子知らず

◎上記は9月17日(日)、須賀川桐陽高校体育館で9:00~12:00参加者は男子11名、女子7名で指導者は、清和副センター長、岡田先生(桐陽)、鳥居センター長で行いました。
※桐陽高校男子はウィンター県大会前なのに、トレセン教室を気持ちよく、受け入れてくれました。
ありがとうございます。

※桐陽高校の顧問岡田先生は、トレセン2期生です。
生徒にもトレセンOBがチームの主力選手で県大会に向けて、頑張っていました。
(うれしいですね。先輩に続け!)


◎名言をあなたに(ことわざ)No8


★「親の心子知らず」

※親が子供に対する、深い愛情や苦労、心配や悩みに対する思いは、子供には伝わらず、子供は勝って気ままな振る舞いをする。

★「子の心親知らず」

※子供は親が思っているよりも、日々成長しており、子供は子供なりに様々なことを考えているものです。
それでも親はいつまでも子供扱いをしたり、子供の成長を理解していない。


●《練習内容》男子清和副センター長の指導


1・桐陽のハァンダメンタルを主体にやり、ドリルごとに清和副センター長に丁寧に、徹底指導を受けて中学、高校生大変勉強になりました。
2・3人速攻原則をしっかり、指導してもらっていました。内容は前回同様アーリーまで。
3・4対3アウトナンバーを3人速攻原則をねらいに指導。
4・ゲームは、高校生の胸を借り、正面から向かって戦っていました。
しかし、高校生には最後にはやられてしまいます。
トレセン生もやることがわかてきて楽しんでやっていました。技術の精度を高めていきましょう。



■【センター長の独り言】ひとときから長男の部活引退


★※4歳からサッカーを続けてきた高校3年生の長男が、部活引退して約2カ月たった。
子どもはとっくに切り替えが出来ているらしく、毎日、受験勉強を頑張っている。
★一方、私はまだ実感が湧かない・・・・・毎日のように洗濯していたシャツやソックスをもう洗うことはないのかな、とぼんやり考える。寂しい。
★高校に入学してからは、部員も多く、試合に出られることも減った。
いつ「やめる」と言い出すか、内心はドキドキだったが要らぬ心配だった。
★長男はがんばった。
いろいろ葛藤もしただろう。悔しい思いも、複雑な思いもしたと思う。
でも、13年間、一度もやめたいと言わなかった。
★レギュラー以外の3年生は各自で引退時期を決めなければいけない。長男は5月の
引退を自分一人で決め、今は朝早く学校へ行き、夜遅くまで図書館で受験勉強に励んでいる。
★未練がましい私と違って、子どもはたくしい。そして、頼もしくなった。
★子育てって、切ないことも多いなあ、としみじみ感じた春の終わりでした。

2017年9月12日火曜日

◆No13・男女バスケットトレセン活動★名言をあなたに●速攻の原則の仕方

◎上記は9月12日(日)男女バスケットトレセン活動です。
場所は安積公民館分室13:00~16:00で参加者7名(男子5名、女子2名)で指導者は、清和副センター長、鳥居センター長で行いました。


●名言をあなたに(No7)


★※強い人が勝つとは限らない。
すばらしい人が勝つとも限らない。
私はできると考えている人が結局は勝つのだ。
我々の富に限界があるのは、我々の願望に限界があるからである。
幸福な人・・・・・(ナポレオン・ヒル)

★※自分が負けたと思わない限り負けることはない。
その出来事に意味をきめるのは自分だけなのだ。
(イアン・ソープ)


■《練習内容》副センター長の速攻原則の仕方


1・縄跳びシュート・4段階2点シュート
※鼻すじの頭上延長を常に意識して、頭を無理に動かさず、リリース、スピンしっかり精度をあげる。
※肩甲骨体操を4種類、遠くに飛ばす、コントロールをよくなる。
2・アウトナンバー2対1を想定して、分解練習前回同様です。
3・2対1ツーメンからアウトナンバー仕方。前回同様練習
4・ウィング、トップから実戦に必要なインサドアウトサイド、レックスルーからバックビハイドからサイドステップを丁寧に、徹底的に指導を受けた。
5・4人速攻から原則分解練習(3メーンから)アーリードリル
6・ゲームは、4対4でねらいは分解練習原則。
清和副センター長にはいてもらい、ポイントをつかみ、楽しく元気よく、やっていました。
※清和副センター長の指導、指示を受けながら、いしょにやるのもいいですね。
(来週もいしょにやるのを楽しみに、国体の練習に向かいましたよ)


■【センター長の独り言】あいさつは『自分の心をひらく』


★※私たちは"あいさつは"とっても大切と教えられた。
しかし、"あいさつ"がなぜ大切なのか、その理由はよく分かられていない。
※"あいさつ"をしない若者も増えたという。大人の方が多いかもしれないですね。

★"あいさつ"の大切さは、学校、仕事を通し、なんとなく感じているものの、十分な説明を受ける機会がなかったような気がします。

★"あいさつ"は『自分の心をひらく』こと。
コミュニケーションの入り口です。
お互いに味方であることを確認して、初めてコミュケーションが成立します。
(感謝の気持ち、尊敬する気持ち、謙虚さ、優しさ、心配り)などが含まれて、相手に伝わり、それはそっくり自分に返ってくる。
※「あいさつ」には不思議な力がある。ブログより。

★トレセン生は会場であえば、しっかり「あいさつ」をし、返してくれる。
自然体で帰りには、"さよなら、"ありがとうございます。
須賀川ミニの子たちは、握手をして帰ります。
※なんの説明も機会を考えたこともないのです。
自然体で本当に気持ちよく、逆にトレセン生に元気をもらいます。
"ありがとう"スタッフ一同より。

2017年9月5日火曜日

◆第54回県選抜高校・県南地区予選会★優勝日大東北(男子)郡山商(女子)

◎上記は高校県南地区バスケット予選会です。

●試合結果

【男子決勝】

★日大東北55対54郡山高

【三位順位決】

★郡山北工75対49清陵情報

【女子決勝】

★郡山商92対55帝京安積

【三位順位決】

★安積黎明71対66郡山高


■※【センター長の独り言】男子決勝観戦

◎男子は福島インハイ後の観戦のためか、何か物足りなさが感じられた。
しかし、県大会や次のゲームを見据えての、チーム作りをしているのが見られた。
※これからが、スタートです。
※福島南や東稜に勝つためにどうすればいいのか。
指導者は、選手のモチベーションや技術の精度あげることをしっかりと指導する。
※指導者も選手共に、努力する決意と覚悟が必要ではないか。


■【センター長の独り言】女子観戦から

◎女子は郡山商がダントツで、インハイ・国体出場を決め、ますます、磨きがかかってきた。
※今度こそ、ウィンター全国ベスト4を目指して、頑張って下さい。
※帝京安積、黎明、郡山、白河旭は今後、郡山商をおびやかすチームになる雰囲気を感じます。
※指導者は、強固に自信を持ち、選手共に決意と覚悟を決め、指導していけば、インターハイも見えてくるのではないでしょうか。
★県南地区チーム、ウィンター優勝をしましょう。応援してます。

2017年9月3日日曜日

◆No12・男女バスケットトレセン活動★名言をあなたに●攻撃優先順位!

◎上記は9月2日(土)、男女バスケットトレセン活動をふるさとの森体育館で12:00~16:00。
参加者は32名(男子14名、女子18名)多数参加していただきました。
指導者は、鳥居センター長で行いました。


●名言をあなたに(No6)

★※忘れてはいけないのは、努力したから必ず勝てるとは限らない。
それが大前提。
でも、勝った選手というのは、絶対に努力しているんです。
(太田雄貴、フェンシング)


★※あのときあの苦しみも、あのときあの悲しみも、みんな肥料になったんだなあ。
じぶんが自分になるための。
(相田みつを)


★※何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。
やがて大きな花が咲く。
(高橋尚子、マラソン)


■《練習内容》感想攻撃優先順位!

1・フリードリブルシュート・リング4つ
2・シャトルラン(左右交互、ロール・レックスル・ビハインド・
3・体幹トレーニング(ボール使用して、腕立て、背筋、横飛び、スクワット)
4・アウトナンバーからエルボー、ステップイン、サイドステップ、ギャロップ、バックステップからロッカーモーション。
5・2対1アウトナンバー仕方。
6・5人速攻から1番~5番ドリル。
7・5対4アウトナンバー
※前に進める。※空いたらシュート。※パス、シュートがない1対1で突破する。
8・ゲームは攻撃優先順位
※シュート、※ペネトレート※ポスト、インサイドパス※横パスからパッシングかスパイラルでスペーシングを作るねらいでやった。
★中学生はなんらく、やってしまいます。チームでやっているのですね。
指導者はすごく勉強してますね。生徒はすごく、幸せですね。感謝を忘れずに。


■【センター長の独り言】マネジャー「一人三役」奮闘

★練習前、グラウンドに何を持っていか、聖光学院のマネジャー岸田君(3年)が他の部員に指示をだす。
「道具がなくて練習が止まるなんてことは絶対ダメ。練習中は1分も無駄にできないので。」
※入学後、レギュラー争いには加われずにきた。今年3月、「マネジャーになったてくれないか」当時主将だった大平君から、そう言葉をかけられた。
※「気配りが1番できるのは岸田だ」選手を諦めることに悔しいさはあったが、チームのためになるならと引き受けた。
※役割は多く、バットのグリップ修理から足りない道具の発注、打撃投手から試合でのスコアラーまで、「一人三役以上」と監督は評価する。
※周りをよく観察し、一手先を読む役回り。
「試合に出ている選手の方がきついと思うので、つらいなんて思ったことはありません。」少しでもメンバーの助けになればうれしい。
朝日から・・・

2017年8月29日火曜日

◆No11・男女バスケットトレセン教室★名言をあなたに●部活動と勉強法!

◎上記は8月26日・男子は守山中学校、女子写真は、県中学校のです。日大東北で参加者17名(男子10名、女子4名)で指導者は、田澤先生(日高)・鳥居センター長で行いました。


●名言をあなたに(No5)

◎人生で一番輝いている時は、成功を手にした瞬間ではなく。
落胆や絶望の中で人生への挑戦と未来に成し遂げる希望が湧き上がるのを感じる時だ。
(ギュスーヴ・ラロ・ベール小説家)


◎主役などというものは存在しない。
人生には主役なんてないんだ。
誰もが登場人物に過ぎない。
皆が「アイツこそ主役だ」と言っても、その男も登場人物の一人にすぎない。
(リーストラスバーグ演出家)


■《練習内容》感想

◎男子は守山中学校は環境のいい所で体育館はひろびろとした練習に適したところです。
(トレセンOBの保護者の方が準備等をしていただきました。お世話になりました。)

1・シュート主体に基礎技術を徹底してやりました。
※シュートを遠くに飛ばすには、肩甲骨関節を柔軟化する。
※肩甲骨の体操を数種類をやり、リリース、スピンの仕方。
2・縄跳びシュートを4段階のドリル。
※女子は郡山商4番佐藤選手、9番鈴木選手のシュートを模範に練習してみてください。
3・3Pシュート
※フェイスアップから、※リバースターンから、※ステップバックを横ぶれしないよう、頭を無駄ない動きにする。
※女子は実業団1部選手を模範に練習してください。
4・ゲームは男女共にねらいを自分なりに考えてプレイをしていました。
5・速攻の前に進める。空いたらシュート。1対1から突破を理解してきたので、個々の技術を高める分解練習を始めた。
※スムーズにやっていました。さすがです。


■【センター長の独り言】部活動と勉強法!

★※安高に赴任のとき、新居に1ケ月入居が遅くなる期間、安高の父兄の自宅にお世話になることになりました。
※安高生は剣道部で遅くまで練習に打ち込んでいました。
※私がトイレに行くと、びっくりしました。
それは、天井や横カベ、後ろまでビッシリ、受験の重要点をはり紙をして、辞書や参考書を四冊ぐらい置いてあります。
(いつ用を・・・・心配してしまいました。)
★食後、浴槽に行くとトイレと同じく、カベにはり紙をしています。
※そこに英和辞典や漢和辞典 が湯気でパサパサになって、置いてありました。
※湯船につかり、覚えるそうです。
(いつ体を洗うのかなと、心配してしまいます。)

■【センター長の独り言】遠征合宿の勉強法!


★※バスケ遠征合宿に行っても、ゲームの合間に英単語を作ってきて見ています。
(他校生は疲れて、昼寝をしています。)
★夜帰りのバスの中では「先生、バスの電灯を明るくしてもらえませんか。」と言って勉強をします。
★宿泊遠征合宿は4部練習でくたくたになります。
それが、夜練が終了すると午前1時~2時ぐらいまで勉強します。
※この体力はどこから、湧いてくるのでしょうか。
★他校監督から、「鳥居先生、大至急と呼ばれ」行ってみると、他校生徒もつられて、勉強をしているのです。
※他校監督は「こんな光景をみたのは始めてみました。」びっくりです。驚いていました。


●【勉強をしすぎて、いまだに死んだ奴はいない。】
(バスケOB.現高校バスケ顧問)

●ちなみに、朝河貫一さんは日本歴史学者(安高卒)は、英和辞典を覚えたら破って食べてたという言い伝えがあります。本当ですか。

●新城新蔵さんは日本天文学者(安高卒)は、勉強中に睡魔におそわれたら、エンピツの先をモモに刺激を与えて勉強をした。と言い伝えがありますが本当ですか。

★いろいろな勉強法がありますね。
※自分にあった勉強で、受験という試練を乗り越えろ。

2017年8月21日月曜日

◆No10・女子バスケットトレセン活動★名言をあなたに((No4)

◎上記の写真は県中学決勝のです。(また、充電切れで取れてませんでした。すみません。)

◎8月19日(土)、女子トレセン活動をあさか開成体育館で13:00~16:00で
参加者は女子16名で行いました。
指導者は、岩田先生(あさか開成)・近内先生、鳥居センター長


●名言をあなたに(No4)


★世の中には自分と同じように、才能のある奴がいっぱいいて、
自分より上手な奴さえいるんだということが理解できた。
だから、アマチュア時代の5回の敗北は本当に、本当に重要な敗北だった。
(シュガー・レイ・レナード)ボクシング

★君の人生を考えることが出来るのは君だけだ。
君の夢がなんであれ、それに向かっていくんだ。
何故なら、君は幸せになる為に生まれてきたんだ。
(マジック・ジョンソン)


■《練習内容》感想

1・あさか開成のファンダメンタル、基礎技術のドリル、コンビネーション等を岩田先生にご指導をしてもらいました。
2・ゲームは高校生の胸を借り、のびのび、楽しくやっていました。
県選抜、東北大会組は高校生にプレシャーをかけながら、やっていました。
★しかし、全体的に遠慮しているのか、なんとなくoff・Defにポイントがなく、つかみどころない。
★オフェンスは
1・ボールをもらったら、シュート
2・ドライブル・ペネトレート狙う。
3・インサイド・ボストにパスを入れる。
4・横のパス後、スペースをつくる。
◎優先順位から、選択を判断する。
★ディフェンスは
1・シュートを打たせない。
2・45度にディナイをする。
3・ポストにいいポジションをとらせない。
4・ガードにプレシャーをかける。
◎しまりのあるディフェンスになります。



■【センター長の独り言】「自分で考える」教えてくれた。
◎おやじのせなかから
★伊藤有希さんはスキージャンプで、ソチ五輪7位・W杯で5勝を挙げ、世界選手権で銀メダルを獲得。
※4歳のときに父に飛んでみたいと言ったら、やらせてくれた。
※それから高校卒業まで、弟といしょにジャンプの楽しさを父から教わりました。一日10本飛んでも多いのに、30本以上飛んでも、父は私が「やめる」というまで付き合てくれ、何も言いませんでした。
※飛びすぎると疲れるので本当は休んだ方がいいんですが、「コーチに言われるままでなく、自分で考えろ。」と教えてくれたのだと思います。
※小学校のとき、弟をばかにする言葉を口にしたら、一度だけ「その言い方、ないべや」と怒られ、しばらく口を利いてくれませんでした。
※相手のことを考えて行動するようなりました。
家では「面倒くさい」と「疲れた」も禁句。周りもネガティブになるからと、父も口にしたことはありません。
※ジャンプは遠征費や用具にお金がかかります。
両親、兄弟には迷惑をかけ、「すごく感謝しています。」と伝えると喜んでくれました。
冬季五輪があります。両親にメダルを獲得する姿を見せたいです。
(両親、家族に感謝を忘れずに、受験勉強頑張れ!)

◆No9・男子バスケットトレセン活動★名言をあなたに(No3)

◎上記は8月19日(土)、男子バスケットトレセン活動を東部体育館12:00~15:00で行いました。
参加者男子25名
指導者鳥居センター長


●名言をあなたに(No3)

★やるか、やらないかですよ。
人生はやならければ、そのままですね、なんにもない。
(桑田真澄・野球)

★ちさいことを重ねることが、とんでもないとこに行くただ一つの道だ。
(イチロ)

★人生において、人から与えられたものは何もなかった。
いつも自分で取りにいかなければならない。
(ケビン・デュラント)バスケット


■《練習内容》感想福岡第一の速攻原型?

1・アップはシャトルランドリブル(前進、ロール、レックスルー、バックスルー、からエルボーからシュート)
2・二人一人組Y字ステップとDefのフットワーク
3・ストレッチ各自5分
4・中村カズさんの5人速攻(1番~5番の分解練習)
※2番は3P※3番はエルボーからシュート・ステップイン・インサイドアウトサイド・ギャロップ・ステップバック・サイドステップ
5・5人速攻からスパイラル・パッシングに入る。
6・5対4からのアウトナンバー福岡第一速攻から、
7・ゲームは前に進める。空いたらシュート。パス、シュートがないときは1対1突破する。をねらいにやる。
★東北大会組のいいプレイをまねしてください。
遠慮なく、立ち向かていてください。失敗しても高校
で通用するようになります。


■【センター長の独り言】僕にはまぶしすぎる甲子園

★毎年、夏がくると高校野球児だった頃の自分を思い出して、なんとも言えない気持ちになる。
★高校1年生の冬休みに、僕は野球を退部した。
高校生活を謳歌している友人たちを横目に、曜日に関係なく夜遅くまで白球を追いかけているて自分に疑問が湧いた、と書けば格好もつけれど、自由な時間を過ごしている高校生がうらやましいだけだった。
★高校2年生の夏の地方大会の直前に、もう一度野球がしたくなった。
頭を刈り上げて、監督に謝りにいった。部員たちの許しを得ることが復帰の条件で、彼らは僕の復帰を認めてくれた。
★それから僕は、半年間のブランクを取り戻すことができずに、卒業までベンチウォーマーだった。
★甲子園球場で行われる大会は、高校野球のもっとも華やかな部分だ。
僕にはまぶしすぎる。
★全国各地の補欠部員たちは、どんな気持ちでこの夏を過ごすのだろう。(朝日の朝のロックから)
●どの部活動でも、仲間とそこまでやった過程に意義があるのではないでしょうか。人生はこれからです。
◎受験は試練で、頑張れ!

2017年8月19日土曜日

8月26日(土)男子予定変更!


変更前>    <変更後
ふるさとの森 → 守山中学校
12:00〜15:00     13:00〜16:00