2018年4月17日火曜日

◆バスケ男子2019年W杯アジア予選★★コート上で判断するのは選手自身で「自分の頭で考えることが大事」

◎上記は4月15日(日)、守山中学校体育館で一般の郡山クラブと日大東北と守山中学校で強化会を行いました。

★守山中学校の佐藤幹大先生(山形三中で全国中学大会優勝~日大東北インターハイ出場~日大キャプテン~教員全国大会優勝・国体で活躍)。

※一般チームとの違いをアドバイスを受けました。

●「ゲームでの中で、圧力や変化に判断が対応できていない。」

※指導者の教えの型や指示待ち、自分自身で判断することができていない。



■【センター長の独り言】バスケW杯予選で露呈した。"日本病"富樫選手語る。


★バスケ男子2019年W杯予選アジア地区1次予選(ランキング52位)。
※指揮を執る日本代表フリオ・ラマス監督、B組オーストラリア(9位)・フィリピン(30位)・台湾(57位)総当たり、上位3チームが2次予選進出する。


★富樫選手はコート上で判断するのは選手自身である。
指示を待ち、自分で判断ができていない。

※ラマスHCがベンチから出て、事細かに指示する場面が何度も見られた。
※指示に忠実すぎるあまり、選手が自主的な判断ができていない印象を受けた。

★W杯予選でも、前半の20分近くをその修正で費やした感がある。

※世界との差を埋めるために何が必要か、各自が差を縮めるために何が必要か。
感じ取り、普段のトレーニングや試合で解決することに他ならない。

※成長するためには本気で悔しがり、必要なものを探せ。
(自らの頭で考えることが大事だ。)

2018年4月11日水曜日

◆大谷翔平(エゼルス)3戦連続本塁打・2勝目「二刀流」ショー加速・★年少期野球楽しかった。

■上記はミニバスケットボール大会です。真剣に楽しく取り組んでゲームをやっていました。
※大谷翔平選手も年少期は楽しくやっていました。
(福島民友社からの二戦目)



◎メジャー・エンゼルスの大谷翔平選手の驚異的な活躍で、長い歴史を誇るメジャーの記録にも光が当たっている。(週間MVP受賞)

※「野球の神様」ベーブ・ルース以来の記録となった。
1934年日米野球で全米選抜チームで来日、アメリカ野球殿堂入りしている。



■【センター長の独り言】大谷翔平投手(花巻東から日本ハム~エンズルス)週間MVP受賞


★◎始めた頃が一番楽しくて
※小学生2年で野球を始め、その頃からプロになりたい、かっこいいという思いは漠然とありました。

※ただ、中学は岩手県に7~8チームくらいしかない中でやっていただけ。

※全国大会にもほとんど縁がなかったから、自分の実力がどれくらいなのか分からなかったし、もっとうまい人がたくさんいるだろうと思っていました。

★※花巻東に入って、甲子園にも出てからですかね。
意外に(上のレベルでも)いけるんじゃないかって。

※中学は一関シニアの硬式のクラブでプレーしてました。
同級生は7、8人だけ。弱かったです。

※父がチームのコーチをしていました。同じくらいの実力だったら、試合に出るのはコーチの息子よりも、もう一人の子になるのは当然のこと。

※それを差し引いても周りが納得するくらいの実力を持たないといけない。
そういう考えをもって練習していました。

★ただ、そんなにガツガツ練習していたわけではありません。
※シニアの練習は土日と水木だけ。それ以外の日は普通に友達と遊んだりしていて、自主練習をすることはなかったです。

★野球を嫌いになったことはないです。ずっと好き。
その中でも野球を始めた小学生のころが一番楽しかった。

※水泳も習っていたから、平日のうち2、3日は水泳、土日が野球という感じでした。

※中学時代は勝てなかったので楽しくなかった。
高校2年は怪我で投げられず、つまらなかった。

★3年の春は甲子園に出ましたが、それでも野球を始めた頃の方がおもしろかったかな。

※一番うまくなる時期だし、勝敗を気にせず、単純に楽しんでいましたから。
「楽しい」って大事だと思います。
今も、単純に野球が楽しいです。

※皆さんも礼儀正しく、真剣に楽しくスキルアップしては、いかがでしょうか。

2018年4月8日日曜日

◆中村和雄氏のインターハイに向けて★クリニック第4弾・「KAZUCUP」からの修正と戦術●プロバスケで戦う強さを手に入れた。

◎上記は4月7日(土)~8日(日)、主催日大東北保護者会の中村和雄氏のインターハイに向けてのクリニック開催に参加してきました。

※第三弾のクリニックは、3月25日~31日の「KAZUCUP」の前日・後日4日間、八王子学園・駒大苫小牧高と中村氏のクリニックを受けたそうです。

※「KAZUCUP」の順位は優勝・福岡第一、第2位・延岡学園
第3位・八王子学園、第4位明成高校
ちなみに、日大東北は12位でした。

※今回は「KAZUCUP」での修正点や県インハイの対戦相手に対しての戦術等を指導してもらいました。

※保護者会の指導者や生徒に対しての、心配り・配慮は指導者や選手の志気を高め、技術の向上を高めていました。
(有難いですね。保護者や先生に感謝を忘れずに!)



■【センター長の独り言】29年度栗原貴弘選手・川崎ブレイブサンダース所属(小山田ミニ~郡山六中~日大東北出身~日大キャプテン・インカレ優勝)



★プロで戦う強さを手に入れた。栗原貴弘選手(川崎サンダース)がバスケットを始めたのは小学校5年生の頃。

※友達に誘われて、地元郡山市のスポーツ少年団が1年たらずで全国大会優勝を果たした。

※そのほとんどのメンバーが、いしょの中学校バスケ部に入部した。
専門の指導がなくても、このメンバーなら勝てる、と安心していました。

※優勝経験が心に隙を生んだのだろか。
思うような結果を残せなかった。

★真剣にバスケと向き合う「高校で巻き返したい。」
日大東北の厳しい練習が、バスケと向き合う姿勢を変えた。

※勝てる環境に身を置いて、あとは自分次第だった。
日大東北の3年間が、プロで戦う基礎を作りました。

★自分を信じて努力する結果、念願インターハイ出場を果たした。
※大学では主将を務め、全日本大学選手権を制した。
優秀選手にも選ばれ、川崎ブレイブ・サンダースに入団した。

※「努力をすれば、必ず夢が叶うとは限りません。」
しかし、自分を信じて努力した経験は、必ず次につながると信じています。

2018年4月2日月曜日

◆Wリーグ・JX-ENEOS10連覇★皇后杯全日本バスケット選手権優勝●ファイヤー・ボンズ痛恨の連敗

◎上記はJX-ENEOSがWリーグ10連覇と第84回全日本バスケット選手権優勝しました。
★Wリーグ・プレーオフ決勝が行われ、JX-ENEOS(リーグ1位)がデンソー(同2位)を71対59で退け、10季連続21度目の優勝を果たした。
※3位 トヨタ自動車・4位シャンソン



■【センター長の独り言】ファイヤー・ボンズ痛恨の連敗、観客数昇格要件届かず。


★B1昇格が厳しくなった。
「来季のB1参加資格要件、ホーム戦の1試合平均入場数1500人以上」が平均1463人で満たせなかった。
※先を見据えて、通年学生無料とか工夫が必要ではないか。


★宝来屋郡山総合体育館で東地区2位の福島ボンズは西地区4位の広島ドラゴンを迎えたが、逆転を許して、(21点リード守れず)初戦を落とした。


「森山ヘッドコーチは広島のゾーンディフェンスに対応できず、自分たちのスタイルを貫けなかった。」



■【センター長の独り言】イチロー選手は勝敗を左右する、試合前の準備が大切。


★イチロー選手は一番大切なことは試合前に完璧な準備をしている。
※自チームがリードすれば、相手チームはDef(ゾーン)に変化をさせてくる。それが当たり前です。
※その練習をチャンスだと思って、事前に準備して練習しているのが当たり前。


★中村和雄氏は対戦相手について、思いつけば午前2時ぐらいでも、Aコーチに連絡をしてビデオを作成させ、早朝に選手に渡し練習時間まで認識させ、当たり前の練習をするそうです。


★福島県民ブースターは心を込めて、応援していきます。
「頑張れ、頑張れボンズ」

2018年4月1日日曜日

中学新入生のバスケットボール教室をサポート

4月1日に三春町営体育館で、中学新入生のバスケットボール教室をサポートしました。
中学新入生は、今が大切な時期です。
トレセン同様、バスケットの練習以前に、人の話は目で聴く。返事をする。バスケットができる環境を支援している親に感謝する。将来を見据えて勉強にしっかり取り組む事などを伝えました。
練習は、肩甲骨のストレッチ、入るシュートの観点、ディフェンスを抜き去るテクニック、アウトナンバープレー、アーリーオフェンスなどを、高校の強豪校を実例に紹介しながら、鳥居センター長が行いました。
今回参加していた選手達が、これから大活躍することを願っております!
保護者の方々は、中学生になった子供達に、自分のことは、自分でさせて、成長を温かく見守って、いただければと思います。

2018年3月24日土曜日

◆30年度郡山市バスケットトレセン★★開催実施要項・体験会・開講式(案)・活動報告について

●上記は29年度の郡山バスケットトレセン教室の練習です。楽しくスキルアップして、トレーニング中です。


★◎トレセン活動のスローガン
(郡山市バスケットトレセン)
★県中ジュニア連盟からもアクセスできるように、お願いしてあります。


●※「礼儀正しく、楽しくスキルアップし、受験生として自覚を持って、トレーニングすること。」


■1・対象


※:県中・県南地区の中学3年生

※(地区外可・中学2年生で保護者同意の希望者は可)


■2・期間


※:7月1日(開講式)より31年2月までの週1回、日曜or土曜日(受験生を考慮して)

(体験会6月24日(日)あさか開成体育館を予定)

★詳細は後日、ブログに掲載いたします。


■3・会場


※:郡山市内の公共体育館
及び県中・県南地区高校の体育館


■4・参加費


※:1シーズン(7月~2月) 3,500円
(体験会は無料・随時参加可)


■5・指導者


※:鳥居雅夫センター長(ブログに掲載あり)

※渡辺清和副センター長(成年男子スタッフ)

※斉藤久男県南協会長

※(事務局・佐藤健一)


★申し込み書は会場でも準備をしています。

★日時・練習会場はブログの左側に掲載します。ご覧下さい。



●中学校の適切な運動部活動の運用に向けて。
(週2日以上の休養を設ける。)
★上記のことで、トレセン活動にご希望等があれば、ご連絡をして下さい。
(鳥居センター長)

■※決定版は後日、ブログに掲載いたします。


★29年度トレセン活動報告については掲載ブログをご覧下さい。
(楽しく拝見できますよ。後輩にもお勧め下さい。)



■【センター長の独り言】高校にどうつなげるか。
受験生と、どう向かい合っていけば。



★※「高校にどうつなげるか。」
「どういうプレーヤーになりたいか。」
「将来の進路にどうつなげるのか。」を考えて、トレーニングしていくのが、大切なのではないでしょうか。

★保護者の方も、中学校の予選敗退後、受験生(子ども)とどう向かい合って、いけばいいのか、悩むことでしょう。

★受験生は勉強だけでは、気が滅入ってしまいます。
※週1回ぐらいトレーニング(トレセン)をして、他受験生の情報も入り、仲間たちの輪が広がります。
※気持ちが少し、楽になり安心するのではないでしょうか。
(保護者の方も同様ですね。)

2018年3月19日月曜日

◆第20回県新人ミニバスケット大会★★優勝二本松ク(男子)・古殿(女子)

◎上記は県新人にミニバスケット大会(3月17日~18日)が田村市総合体育館で行われました。

※第1日目に女子ゲーム鹿島対芳賀、男子ゲーム常葉対杉妻を観戦してきました。
※鹿島は29年度東北大会(交流試合)で優勝チームです。

※監督さんは鹿島中学で県優勝をさせて、東北大会でも活躍させています。

※私が郡商のとき鹿島中学の優勝した選手が入学してくれて、茨城インターハイ、長崎インターハイに連続出場することができました。

※素晴らしい指導者はどこに行っても、強くするのですね。

※芳賀も今回第3位と立派な成績を残しました。

※常葉・杉妻の選手達には将来有望な逸材がいました。
楽しみですね。
※応援していきたいですね。



●【試合結果】



★男子優勝二本松ク・第2位鏡石


第3位小山田富西・第4位常葉


★女子優勝古殿・第2位小田倉


第3位芳賀・第4位大越



■【センター長の独り言】イチロー選手
◎勝敗を左右する、試合前の準備が大切な理由



★イチロー選手は「自己管理能力」周到な準備をする。

※成果を上げるために、毎日完璧な準備をしている。

※絶えず、体と心の準備をしています。


※自分にとって一番大切なことは試合前に完璧な準備をすること。


1・試合前日の睡眠


2・試合当日の朝食


3・試合前は疲労を残さない。


4・試合前のイメージトレーニング

2018年3月12日月曜日

◆第4 4回全日本クラブバスケットボール選手権★郡商BravesはAFBB(関東3位.東京)に健闘

◎上記は(東北大会で全国大会出場決めたとき)3月10日~12日、佐賀県諸宮文化体育館で郡商Bravesは関東3位.東京(AFBB)に敗退しました。

※しかし、郡商Bravesは精悍に立ち向かていきました。
※東日本大震災7年をむかえ、地元観覧者からは盛大な拍手が送らていました。

※福島県の一般女子チームには、いい刺激を与えたのではないでしょうか。
(郡商Bravesの健闘ありがとう。励みになります。)



■【センター長の独り言】名言をあなた



★One tHoughton・小さなことを楽しみなさない。
振り返った時に、それがとても大きく、
大切な思い出だったと気付ける日のために。
(ロバート・ブラウルト:ソフト開発者)

※夢や目標を達成した時よりも、
そこに向かって努力していた時の
小さな出来事の方が心に残ることがあります。



★大事なのは過程であって結果ではない。
(カール・ルイス)


※自分の歩んできた道を振り返っることができるのは自分だけであり、

※自分の人生を評価するのは他の誰でもなく、自分自身なのですね

※いつか来る日のために、小さなことを楽しみましょう。

2018年3月11日日曜日

◆中村和雄氏のインターハイに向けて★クリニック第二弾・発想や観点からのチーム作り。

◎上記は3月10日)(土)~11日(日)、主催日大東北高校保護者会、中村和雄氏のインターハイに向けてのクリニック開催を見学に行ってきました。

※今回は中村和雄氏の発想や観点からのチーム作りを前回のクリニックに継続してやってもらってました。

※保護者会が理解があり、まとまっていると、先生や生徒が部活動や勉強に打ち込むことができますね。
(指導方法については前回のブログに掲載してあります。)



●中村和雄氏の経歴


★オールジャパン優勝、元日本代表監督、共同石油、OSGから三河浜松、秋田ハピネス、新潟アルビックス
※現在は秋田を起点に東京オリンピックを見据えて、中学校・高校を全国を指導している。

※また、地元バスケット発展のため、秋田ケーブルテレビでも活躍している。

※日本工学院は日本のバスケットに貢献をたたえて、「カズカップ」を開催した。
インターハイの前哨戦として、高校日本一監督を多数輩出している。



■【センター長の独り言】福岡第一高校の井手口監督は中村和雄氏の発想・観点が違う。



★※中村和雄氏にご指導に来ていただきました。
「誰がどのポジョンをやるのがよいか、を見直しました。」
※3番選手が「4番をやれ」と言われると選手が嫌がりますが、中村氏が「お前は4番が向いているよ。」

※選手がちゃんと理解をするように、お話しをしてくれて、納得をさせてくれます。
※(目の付け所が違います。スムーズなり、発想が面白いですね。)

★中村氏はパッと見て、チームの良いところや悪いところを指摘して、Def・Offもこういう仕方がある。

※すぐに、その仕方やってしまいます。それがマッチしてしまいます。
★その発想は実に面白いのです。
私達も新しい発想を出さないといけないですね。

★NBAで、今はピック&ロールでうまく行ってる感じです。
それは一つの流行りとして取り入れるのですが。
※大学はそのまま取り入れる傾向が強くて、みんな同じようになっています。

★高校は毎年、選手が入れ替わる中でそれぞれのオリジナルを出しいければと思います。

★その為にも中村氏の発想や目の付け所(観点)をクリニックで養っていきたいです。
※(大変勉強になりました。)


■【センター長の独り言】昔の大先輩は偉大で、スゴイですよ。24時間バスケを考えています。



★大先輩の先生グループはインターハイ大会前に集まって、勉強会をしていました。
(古豪校・名門男子校東京、神奈川、京都、埼玉、栃木)です。

★その練習後の反省会(夕食)で、お互いのチームについて討論(ポジョン、戦術等)を始めます。

※これが長い時間話し合いが行われます。
若手指導者は部屋の隅で正座をして、メモを取って聞いています。

※しかし、時間がたつにしたがって、飲食はしたいし、睡魔が襲ってきます。

★大先輩に『何を居眠りをしているのか。お前のチームのことをきのうから、一睡もしないで、考えてやっているのに、何事か。』

★昔の大先輩は偉大でした。現役監督のときは役立っていました。
大変勉強になりました。

※帰って来て、大先輩と同じことを若手指導者にバスケは勉強だよ。
『若手指導者は何を勉強するのですか。』
(そういわれば、そうですね)

2018年3月5日月曜日

◆福島県U-17エンデバーFINAL★地区選抜バスケット大会・郡商Braves全国大会前哨戦

◎上記は郡商Bravesは全日本クラブ大会(3月10日~12日、佐賀県)の前哨戦で選抜地区大会に参加しました。
一週間前の大会の調整にいいゲームでした。

★※今回は郡山商の今年度卒業生の後輩、佐藤由佳(筑波大)・須藤郁帆(専修大)・佐川愛梨(関東学院大)・佐藤夢奈(名古屋経済大)と合同でゲームをさせていただきました。

※先輩と後輩のなかですので、呼吸とタイミングが合い楽しくできました。
※先輩は新國さん、影山さん、室井さん、岡田さん、斎藤理沙さん、加藤さんです。
※コーチ根本早苗先生は県北選抜女子の指導といしょで、大変忙しそうでした。


★成年男子は選抜選手選考(第二次)を真剣に高校を相手に取り組んいました。
※スタッフは大内慎也先生、佐藤紘則先生、円谷元康先生、清和副センター長です。
高校生には、いい刺激を与えてくれていました。
これも、成年男子の役割のひとつですね。


★ジュニアオールスター女子の監督石川望美先生は高校のときの教え子で頑張り屋さんです。

※女子のジュニアチームは石川望美先生のご指導の姿勢が出ていて、身長が低いですが機動力を生かして、前に突破してシュートまで持っていく意欲がすごかったですよ。
いいチームでした。応援しています。

★全日本クラブ大会(佐賀県)、郡商Bravesのご健闘を皆さんも応援して下さい。
(楽しんでやってきてください。)